2019.11.07

初心者でも安心!コンクリートポンプ車のお仕事のリアル教えます!

■ 解説!コンクリートポンプ車のお仕事のリアル教えます!

コンクリートポンプ車台数都内No.1!
西東京日の出町から全国の生コンとコンクリートポンプ車の手配、
基礎屋さんの作業サポートまで手厚いコンクリート圧送工事、コンクリート打設工事を手掛けている小澤総業です。

小澤総業では、未経験からコンクリートポンプ車のオペレーターに挑戦できる教育環境を用意しています。専門性が高く、給与面・働き方でも恵まれた職業ですが、いざ求人に応募となると不安もありますよね。今回は「コンクリートポンプ車のオペレーター」のお仕事の一部をご紹介します。コンクリートポンプ車のオペレーターは未経験という方の不安を解消できればと思います。


■動画でコンクリートポンプの仕事の様子が見れる
会長密着動画はこちら


イメージ

■ いまさらですが、コンクリートポンプ車って何?

コンクリートポンプ車は、建設現場でミキサートラックが運んでくる生コンクリートを、配管やホースを通じて、打設現場へ圧送(圧力をかけて送ること)するポンプを装備した特殊車両です。オペレーターのお仕事は、現場での生コンの輸送と、生コンを基礎工事の必要箇所に流し込んで打設が主になります。ここまでは、皆様のご想像の通りではないでしょうか。

コンクリートポンプ車は、生コンの輸送方法によって、「スクイーズポンプ」と「ピストンポンプ」形式の2つに大きく分けられますが、今回の車両は、「スクイーズ式(絞り出し式)ブーム付きコンクリートポンプ車」です。

イメージ

■ スクイーズ式(絞り出し式)

車両に搭載する円筒ドラムの内周にセットしたポンピングチューブを、チューブ歯磨きのように、ローラーで絞り出して生コンクリートを圧送するタイプのコンクリートポンプ車です。
コンクリートポンプ車は、搭載したブームを使って、10メートルから40メートル程度の高さまで生コンを輸送できる機種があります。上方向だけではなく、下方向、水平方向へも生コンを輸送できます!

イメージ

■ ミキサー車から生コンを送ったら...機械が止まってしまった?!

ミキサー車は、プラントからドラムを回転させながら生コンを運んできます。これは中身の生コンが硬化したり分離しないようにするためです。生コンはデリケートな扱いが必要なのです。

コンクリートポンプ車は、ミキサー車とお互いの車両後部をドッキングするような形で、生コンの供給を受けます。この時、コンクリートポンプ車の後部に「ホッパー」という大きく開口した容器に、生コンを直接入れるのですが、その前に!重要な工程があるのです!先輩を見ていると、ホッパーにセメントと水を先に入れて練っています。

実は、ミキサー車からいきなり生コンを投入して配管輸送してしまうと、砂利と砂でチューブや配管が詰まってしまうのです。生コンの主な成分は、セメント、水、砂利と砂(砕石)、薬剤の4つです。密度や重量の異なる材料を練り混ぜているため、もともと振動などで流動したり分離しやすい性質があります。砂利と砂は先に運ばれ、残った軽いセメント質が配管内に付着してしまいます。そうすると、すぐに配管が詰まってしまい、現場に生コンを供給できないばかりか、故障の原因になります。そのため、セメントだけ先に配管に通して配管内をコーティングするのは、絶対に欠かせない工程です。

この下準備のあと、オペレーターはリモコンや操作盤を使い、様子を見ながら、ポンピングチューブにドラムで圧力をかけ、ブームを使って現場に生コンを送り出します。

イメージ

■ 「未経験。でも、機械好き・特殊車両好き」からはじめられる!

実は、コンクリートポンプ車は建設機械の中でも最も精密な部類の1つなのです。扱い方1つで、大切なホースの中にコンクリートが詰まってしまうことまで想定して操縦しなければなりません。

「何もしらないし、どこを見て覚えればいいのか」と思う方もいるかもしれません。

安心してください!

今回、現場における基礎の基礎までお話ししたように、弊社では建設業によくある「見て覚えろ」というやり方はしません。現場では、先輩が操縦するコンクリートポンプ車の助手席に座って、丁寧に実習できます。現場では学びきれないコンクリートポンプ車の知識もしっかり時間を取ってレクチャーし、きっちり新人の教育を行っています。新人の不安を取り除くシステムがあります。わからないことは、一緒に解決していきましょう!




■ 一旦「小澤総業」に就職する選択肢、やる気さえあれば1年後には年収「540万〜」

コンクリート打設の仕事は重機が好きな方にもオススメの仕事と言えるものの。文章だけではやっぱり伝わらない部分も多いです。

もし、万が一、今「建設業」への入社を志しているのであれば弊社、小澤総業に一旦入ってみる手もあります。

と、言うのも、「家と職場が近いから」と言った理由や「先輩に誘われたから」といった、漠然とした動機で建設業に入社をすることは、これから先リスキーな決断にも思えるからです。

建設業に従事するのであれば、一旦弊社に入社してみることは、いろんな会社を比較検討する上でも有意義なことであるようにも思います。

それこそ右も左もわからない未経験者であればなおのこと、弊社を試金石のように捉えて頂いても構わないとさえ考えています。

強気な発言にも思えますが、無根拠で大口を叩いているワケじゃありません。

弊社はこれからの建設業従事者が抱える不安を払拭してお釣りが出るほどの好待遇をあなたにお約束できるほどの自信を持っているのです。

■ 弊社は「コンクリート打設会社」の中で国内最高クラスの給与をお支払いすることができる


建設業を志す方で「稼ぎたい」意向を持っていない方などいません。

が、地方と東京では同じ建設業でも賃金の格差が生まれます。
それはコンクリート打設業でも同じことが言えるでしょう。

求人サイトを参考にすると、同じ圧送工の仕事でも、初任給は入る会社よって「17万円〜30万円」もの開きが出ます。

これはその地方によって、大きな現場で安定した利益を得るか、小さな現場を数こなして大きな利益を得るか、の違いでもあるのです。

弊社は後者です。
東京1コンクリートポンプ車を保有していることだってダテじゃありません。

コンクリートポンプ車の数ほど現場を回すことで大きな利益をだし、職人に還元する好循環を生み出すことが出来ています。

弊社が未経験の職人に対しても年収「360万円」をお支払いすることができ、翌年には年収「520万円」以上まで稼げることをお約束できているのは、東京の新築戸建ての1割ものシェアを潤滑に回すことが出来ていることに理由があるのです。

■ 保険完備はこれからのスタンダード、小さい会社はあなたの職人生命をも脅かす


働き方改革によって、いま建設会社で働く職人にも保険は義務化されておりますが、未だ加入を怠る会社も目立ちます。

保険に加入せずに現場に入ると、会社はもちろん、職人のあなたも今後建設現場に入れなくなるペナルティが課されるケースもあるのです。

保険加入を怠る理由はそれだけのお金を会社が用意できないことが理由です。

会社にお金がないと、低給与のまま賃金がアップしないばかりか、職人生命が絶たれる事態にも発展してしまうのです。

■ 1人前に育てる土壌が弊社にはある


また、「手に職をつける」と言う点においても弊社には強みがあります。

たとえば国家資格「コンクリート圧送施工技能士(建築現場で生コンを型枠に流し込む作業に必要な技能)」など、仕事に必要な資格取得に必要な費用も弊社が全額負担しているので、働きながらにして圧送工としてのキャリアを詰める制度を弊社は敷いています。

教育に厚いのは制度だけの話ではありません。
弊社で働く職人には「新人を1人前になるまで教育する」想いが通底しています。

それはあなたを指導する先輩も今のあなたと同じ悩みや葛藤を抱えていたからに他ありません。

小澤総業はいろんな地方からやってきた多種多様な職人で構成されていることにも特徴を持つのですが、これは地方出身者にも入社の門を大きく開いているからです。

社員寮やアパートの敷金礼金はもとより、引っ越し費用までを負担。文字通り「カバンひとつ」で入社できるシステムを利用されて弊社に入社される方は少なくありません。

『地方から上京して稼ぎたい』『初めての上京に不安がある』のは先輩も一緒でありました。
同じ境遇にあったからこそ、新人のあなたの気持ちを理解できる先輩が弊社には多く在籍しています。

■ やる気に対して期待以上を還元する、それが弊社のプライドです


弊社がコンクリート打設はもとより、建設業未経験の方にとっても寄り添った会社であると自負しているのは以上の理由からです。

それに、極論……合わなかったら辞めてしまえばいいのです。

どんなに良いことを言ったり、良い給料を提示したとしても会社に入ってから見えてくる課題点や問題はそれこそ人それぞれであると思いますし、合わない仕事であればいずれ無理がたたります。

仕事がつまらないモノになってしまえば、いくら待遇がよくたって、モチベーションを持続させることはできません。

が、いろんな会社を経て弊社に落ち着いた職人が多いことも覚えておいてください。
『作業時間は半分になったが、給与は倍になった』
『賃金をもらうことで初めてやりがいを感じることができた』
と、転職前と弊社を比較して待遇の差に驚く声を上げればキリがありません。

「圧送工で一旗あげたい」方はもちろん、「上京を目的」に就職するにしても、弊社への就職はチャンスであるとも思っています。

少しでも気になったら、お気軽にご連絡ください!
あなたのやる気に対し、弊社は120%で応えるつもりであなたを応援します。




【関連記事は下記をクリック】
■■■先輩に聞く!コンクリートポンプ車の操作って誰でもできるの?■■■