2020.08.08

モルタルポンプを使ったモルタル打設もお任せください!

■ モルタルポンプを使った打設も、これまで小澤総業が培ったノウハウを活かすことが出来る

コンクリートポンプ車台数都内No.1!西東京日の出町から全国の生コンとコンクリートポンプ車の手配、基礎屋さんの作業サポートまで手厚いコンクリート圧送工事、コンクリート打設工事を手掛けている小澤総業です。

モルタルポンプを用いたモルタル打設をご検討される際、お客様は「モルタルを圧送/打設することが出来る会社はモルタルを専門で取り扱ってる会社しかない」とお考えになられるかもしれませんが決してそんなことはありません。

弊社小澤総業がこれまでに培ってきたノウハウを持ってすればモルタルの圧送も可能。
もっと言えば後に入る職人さんたちの動きも熟知しているため、スムーズなモルタル打設をお約束することが出来ます。

本日はモルタルとコンクリートの”そもそもの違い”をご説明した上で、「モルタル打設」が必要とされる現場の種類をご説明していきたいと思います。

イメージ

■ そもそもモルタルとは?コンクリートと何が違う?

モルタルとコンクリートの違いは成分です。

どちらもセメントに水と砂を混ぜて作るところまでは一緒ですが、そこに砂利を配合したものがコンクリート。水と砂だけで出来上がるのがモルタルです。

砂利を混ぜたコンクリートは「強度が高く厚みがある」ことに特徴があり、道路や住宅の基礎部分など重い荷重がかかる地面に施工されます。
一方モルタルは、強度こそコンクリートに劣るものの、「柔軟性が高く薄い」ことに特徴があります。店舗改修時の土間のレベル出しに使われることの多い建築材料です。

モルタルとコンクリートは構成する成分が違うため役割もソレゾレ違い、伴って頻繁に用いられる施工箇所も変わってきます。

しかし、打設/圧送する立場から言わせて貰えば、やはり砂利が入っているかどうかだけの違いなのです。両者の圧送方法、打設方法に大きな違いがないことも、お分かりいただけたと思います。

■ モルタルポンプを使った施工。店舗改装にお誂え向きなワケ

モルタルは砂利が含まれていない分薄く、改装される店舗改修時の土間のレベル出しに使われる。と、書きましたが……

なぜ店舗改修に主に使われるのでしょうか、順番にご説明します。

改装時の店舗の土間にモルタル(モルタルポンプ)が使われる理由はコンクリートほどの耐久力を必要としない上、床を新しくする工程の1つ「斫り/削り(はつり)」作業を最低限で済ますことが出来るからです。

斫る(はつる)とは、削る(けずる)ということ。
たとえば改装前にタイル張りで仕上げられていた床を新しく生まれ変わらせるためには、
タイルを剥がす、タイルを固定していた接着剤の残った土間表面を削る、モルタルを打つ、モルタルを平らにする、手順を踏む必要があります。

タイルを剥がした後の土間は接着剤の残りが付着しておりボコボコしています。そこにそのままモルタルを打設するわけにはいかず、表面を削る必要が出てきます。

この時、5cm程度削ればモルタルを打つことが可能なのですが、砂利の入ったコンクリートだと倍以上も削らなくてはなりません。
この作業の差を金額に直せば驚くほどの開きが出てきてしまうのです。


■ これから「飲食の店」と店舗改修する現場ではモルタルポンプが大活躍

その上で、店舗改修時の床にモルタルが用いられる大きな理由は、店舗の"業種"に左右されない理由があります。

店舗と言ってもアパレルから飲食など様々業種があり、店舗改装工事は工事後に入る店舗の種類によっても異なってまいります。

たとえば飲食ではない店舗から飲食店へと生まれ変わる店舗改修工事において、考えなければならないのは配水の問題。
これまでの床にたとえばコンクリートが採用されていたとすれば、排水管とコンクリートの相性はよくありません。薄くて柔軟性のあるモルタルを活用するのが一般的であります。

加え、料理を提供する飲食店であれば厨房は必須。
水を排水口に流れさせるため、厨房の床には「水勾配」と呼ばれる傾斜をつける必要があるのですが、床に傾斜をつけることもモルタルであれば簡単に行うことが可能です。

お客様を通すフロア床を平坦に仕上げ、排水を意識した厨房には傾斜をつける。
モルタルはその部屋の用途によっても柔軟に対応することのできる建築材料です。

■ モルタルポンプでのモルタル打設も積極的に行ってます!小澤総業にご相談をお持ちよせください!

モルタルはコンクリートポンプ車でも圧送することもできますが、目的のほとんどがご紹介した「店舗改修」です。
そのため、モルタルポンプを利用、店舗の外からホースを施工箇所に引っ張って施工をすることが殆どです。

対応エリアは東京をはじめとする関東近郊、弊社は生コンだけではなくモルタルポンプを使ったモルタル打設も積極的に行ってます!

何か疑問、ご質問があればお気軽にご連絡ください!