2019.12.18

先輩に聞く!コンクリートポンプ車圧送工のリアル「打設その2:ラジコン操作」編

■ コンクリート打設(流込み)のキホン「ラジコン」について

コンクリートポンプ車台数都内No.1!
西東京日の出町から全国の生コンとコンクリートポンプ車の手配、
基礎屋さんの作業サポートまで手厚いコンクリート圧送工事、コンクリート打設工事を手掛けている小澤総業です。

今回は、コンクリートポンプ車のオペレーターのお仕事のうち、打設(コンクリートの流し込み作業)について、「打設その2:ラジコン操作」をご紹介します。

小澤総業では、未経験からコンクリートポンプ車のオペレーターに挑戦できる教育環境を用意しています。専門性が高く、給与面・働き方でも恵まれた職業ですが、コンクリートポンプ車のオペレーターは未経験、という方の不安を解消できればと思います。
「打設その1:圧送パイプの持ち方」編はこちらをご覧ください。

イメージ

■ コンクリート打設に必要なのは「体力よりセンス?」

前回の「打設の道1:パイプの持ち方」では、圧送パイプは「重量はあるけど重くない」とご紹介しました。

実は、コンクリートポンプ車のオペレーターは、肉体派だけでなく人と話すのが好きだったり、人見知りでも熱心な人にも向いています。そして、意外とゲーム好きな人にもおすすめの仕事なのです!
その理由は、この「ラジコン」にあります。コンクリートポンプ車で「ラジコン」って??と思われた方もいますよね。プラモではありません。

これが「ラジコン」です。

パネルの右:ブーム操作用
ブームひと関節ごとボタン配置(1番ブーム、2番ブーム…の順)
上下列のボタンで上昇、下降、右旋回、左旋回を操作

パネルの左:速度と圧送量の調整
エンジン回転数・ドラム回転などを操作


イメージ

■ スクイーズ式コンクリートポンプ車の原理は「歯みがき粉のチューブ」と同じ!

コンクリートポンプ車から生コン圧送される仕組みは、ちょうど歯みがき粉のチューブをグッと押して、歯みがき粉を出すのと同じ原理でできています。

コンクリートポンプ車のポンピングチューブ(ゴム製)は、車体の中でくるっとドラムに巻かれています。ドラム回転時にゴム製のチューブに圧が掛かり、チューブ内の生コンがその先へ、外へと圧送されます。

吐出量の調整は、吐出量ボタンとエンジン回転数のボタンの2つを操作して調節します。エンジン回転数を上げると、コンクリートポンプ車全体の動きが早くなるので、ブーム操作しない時はエンジン回転をあげて、生コンをどんどん送ります。

ブーム操作時に吐出量を抑えたい場合は、吐出量だけを下げます。ブームの動きの方は速いまま、圧送は遅いペースになりゆっくり打設できます。 ラジコンのボタン操作で、吐出量・圧送ペース、ブームの向き・高さ・角度を調整して、スムーズにコンクリート打設していきます。

イメージ

■ 原理がわかったところで、実際に圧送、打設してみましょう!

実際の打設のときは、写真のようにベルトでラジコンを身体に固定し、両手でこのラジコンを操作します。

・・・・・あれ?パイプは?打設するときはパイプを持つんだよね?

思い出してください、パイプは「膝乗せ」か「腰に巻く」のどちらかでしたよね?そう、パイプは膝に乗せて、もしくは腰に巻いて、肘を添えて角度をキープ、両手はラジコンを持ちます。

パイプをホールドしたら、両手のラジコンパネルを操作し、ブームの向きを変えて打設します。このときブームが、周囲の建物、電柱、電線、障害物に当たらないよう注意しながら、エンジン回転数・吐出量を加減してブームの向きを変えます。特に入り口が狭まっていて、奥に土地が広がっているような旗竿地は気を使います。所にも神経を張りめぐらします。打設のときに生コンの圧送を止めてブーム操作だけすることはありません。よほどのことがないかぎり、生コンを圧送しながらブームも操作します。この間にも生コンはどんどん圧送されていきます。

イメージ

ブーム操作は周囲への配慮が欠かせません。

■ 難しそうに見える?一か月でマスターしちゃう人もいるんです!

「・・・ちょっと、無理かも」と思われそうですが、実は、1か月でマスターしてしまう人もいるのです!
しかも、建設業やこれまでの業務経験とはどうやら無関係で、ボタン操作に慣れたゲームが得意な人が、意外とするするっと覚えてしまって、先輩をびっくりさせたこともあります!
結論としては、コンクリートポンプ車の経験は絶対に必要ですが、思ったより上達は早く、できるようになる人はすぐに出来る技なのです!

持って生まれた?センスなので、こればかりはやってみないと分かりませんね。個人差が大きいため「最初はできなくても、結局慣れ」ということになりそうです。

あなたの隠れたセンスを発掘してみませんか?

コンクリートポンプ車のオペレーターに必要な国家資格「コンクリート圧送施工技能士(建築現場で生コンを型枠に流し込む作業に必要な技能)」の資格も費用全額会社負担で取得できます。あなたも弊社でコンクリートポンプ車のオペレーターに挑戦して、一生モノの技術を身につけましょう!


弊社では建設業によくある「見て覚えろ」というやり方はしません。しっかり時間を取ってレクチャーし、新人教育を行っています。わからないことは、一緒に解決していきます!

ご応募、ご相談をお待ちしております!お気軽にご連絡ください!

【人気の記事】
(クリック→)■東京を代表するポンプ屋の給料制度を一挙大公開。
コンクリートポンプ車台数都内No.1の小澤総業でコンクリートポンプ車オペレーターになるとこれだけ稼げる!

(クリック→)■2倍になった給料で、600万円の高級車を一括購入!
ベルファイア現金一括購入した20代の話!コンクリートポンプ車で稼げる!


【SNSでも情報発信中!】
amebloはこちら
instagramはこちら
Facebookはこちら