最新情報・コラム詳細

冬場のコンクリート打設は気温との勝負?

2021/11/11

■コンクリート打設は季節によって違いがある?

東京・八王子エリアから全国を対象に、生コンクリート販売をはじめ、基礎工事/解体、コンクリートポンプ事業などを営む小澤総業です。
弊社では、日本全国のさまざまな現場に生コンとコンクリートポンプ車を手配しており、高い技術力で生コンのお悩みを解決しております。

今回のテーマは「冬場のコンクリート打設について」です。

これから冬を迎え、全国的に外気温が下がってくる季節がやってきます。
日も短くなり、洗濯物の乾きが悪いと頭を悩ませる主婦の方も多いかもしれませんね。

冬場に乾きが悪いのは、生コンも同じなんです。
生コンは水を扱っているため、外気温や日照時間によって固まる時間が異なるのは当然のことです。
夏場ならコンクリート打設工事を行って1週間ほどで固まり、設計上の強度に達することができるのですが、気温が低い冬場はそうはいきません。
地域によっては、コンクリート打設から強度が出るまで、1ヶ月以上もかかるケースもあります。

そのため、コンクリート打設は季節によって変えるのが一般的です。
たとえば、冬場は強度の高いコンクリートを打設したり、養生の期間をいつも以上に長く取ったりして対応します。
特に外気温が5℃を下回るような場合は、ブルーシートで簡易テントを作り、その中でヒーターを使ってコンクリートが凍結するのを防ぐといった対策も行います。

■冬場のコンクリート打設工事が難しい理由

それでは、なぜ冬場はコンクリート打設工事が難しいのでしょうか。
前述したとおり、生コンはセメントと砂、砂利を混ぜますが、この際に必須なのが「水」です。
皆さん、ご存知のように水という物質は0℃になると凍結する性質があります。

そのため、外気温が5℃を下回るような日にコンクリート打設工事を行うのは難しいとされているのです。

一般的に、冬以外の季節は20N/mm2前後の設計基準強度を持つ生コンが使われることが多いのですが、冬場に関しては打設時に30N/mm2、2週間以内に20N/mm2の設定強度に到達するように製造されます。
要するに「寒中コンクリート」と呼ぶべき生コンです。
このように、生コンを季節によって使い分けるのは、コンクリート業界では常識となっています。

また、養生に関しても冬場は異なります。

外気温が5~25℃であれば、通常の養生でもかまいませんが、5℃を下回るケースでは打設箇所をブルーシートなどで囲い、暖房設備を使って気温が5℃以下にならないようにします。
さらに、冬場だけは養生期間を長めに取って、コンクリートの強度が発現するまで待つといった形になります。

なお、生コンは凍結してしまうと、2度と固まることはありませんので、もし凍ってしまったら一から打設工事のやり直しになります。

■冬場のコンクリート打設工事のポイント

どうしても冬場にコンクリート打設工事を行わなければならない場合、いくつかのポイントがあります。

・強度の高い生コンを使うか、防凍剤入りの生コンを使う
・打設した箇所が気温5℃以下にならないよう養生する
・そもそも外気温が高い時期までコンクリート打設工事をしない

このうち、防凍剤入りの生コンは仕上がりが黒っぽくなる傾向があるため、見た目が重要な箇所での使用はおすすめしません。
基礎のコンクリート打設であれば問題はありませんが、駐車場など土間コンで使うのは仕上がりが綺麗ではないため、避けたほうが無難です。

養生に関しては、上記の通り、打設箇所をブルーシートなどで簡易テントを作って囲い、その中で暖房設備を使う方法があります。
最近では、養生の温度管理として温度センサー付きのストーブである感温機が使われることが増えています。

これは、設定温度を決めることができ、それを下回るようなら暖房が入り、上回ったら暖房が切れるといった便利な暖房機器です。
注意点としては、燃料がどのくらいの時間もつかといったことを事前に確認する必要があることです。
ただ、そういった確認さえ怠らなければ、冬場のコンクリート打設工事には欠かせない機器であるのは間違いありません。

また、そもそも外気温が5℃以上の日が続くまでコンクリート打設工事を待つという方法があります。
仮に夜の気温が5℃を下回るとしても、朝方にコンクリート打設を行えば、日中の気温が高い時間に水が抜けるため、問題はありません。

こうした適切な打設したコンクリートの管理ができないと、生コンの水分が凍結して強度が出なくなります。
また、表面上は問題なく固まっているように見えても、ハンマーなどで叩くとボロボロと欠けてしまうこともあります。

■冬場のコンクリート打設工事はコンクリートのプロ・小澤総業にお任せください!

小澤総業は“コンクリートのプロ”として、さまざまなコンクリート打設現場を経験してきました。
これからの寒い季節、どうしてもコンクリート打設工事を行わなければならない場合、プロからのアドバイスをさせていただきます。小澤総業にお気軽にご相談ください。
季節や天候に応じたコンクリート打設工事のご相談に対応いたします!

冬場にも強い小澤総業の生コン販売について、詳しくはこちらをご覧ください!

小澤総業へのお問い合わせはこちら