2018.04.18

コンクリート業界を「行動」で変える!

■ 「行動」とは

東京都の多摩エリアでコンクリートポンプ車事業を手がけている小澤総業です。

小澤総業はコンクリート業界に革命を起こすために行動を始めています。そのため、人材を積極的に採用しています。

イメージ

■ 小澤総業が始めている行動:重要部品の自社生産

小澤総業は、2018年、コンクリート工事においてなくてはならない部品「ポンピングチューブ」の自社生産に乗り出します。

このことがコンクリート業界にとってどのような良い影響を与えるのでしょう?理解していただくために、少し解説をします。ポンピングチューブは一台年に2~3回も交換するコンクリートポンプ車の消耗品です。この部品がないとコンクリートポンプ車は動作しません。しかし、長らく一社による独占状態が続いていました。価格の競争がないために、ポンピングチューブの単価は12万円にまで引き上げられました。さらに値上げが続けば、利益を出せなくなってしまいます。

そこで、コンクリート業界の利益を守るためにポンピングチューブの自社生産に乗り出しました。今年の初めに製品テストをクリアし、いよいよ市場に出回るのを待っている段階ですが、同業他社からも期待の声が寄せられています。

イメージ

■ 不満があるなら行動!それが小澤総業

ポンピングチューブの自社生産の事例が物語っているように、弊社は「行動」を重んじています。不満を嘆いていても、その不満は何も変わりませんし、むしろモチベーションにとって悪影響です。

今、弊社はコンクリート業界においてさらなる行動に打って出ようとしています。それは施工単価の引き上げです。

コンクリート業界は、人工・材料が高騰しているうえに施工単価が上がらないという三重の苦しみがあります。施工単価を引き上げることができれば、人工や材料の高騰も吸収できます。小澤総業は、コンクリート業界の本質的問題に切り込もうとしているところです。

ではどうするのか?私たちは、コンクリート施工会社としてコンクリートに関するプロフェッショナルなノウハウを培ってきました。これからは独自のノウハウを活かして同業他社をはじめ業界全体に提案できる企業へと成長します。
ほぼあらゆる種類の建設現場との関わりをもつことのできるコンクリート業界は、言っていれば、大きく日本の建設現場を変えられる可能性にも満ちているのです。可能性に満ちた業界で、最も楽しい会社を目指している小澤総業で働きたいと思った方は、お気軽にご連絡ください。



【SNSでも情報発信中!】
ameblo:https://ameblo.jp/ozawa-red/
instagram : https://www.instagram.com/concrete_pump_ozawa/
Facebook : https://www.facebook.com/%E5%B0%8F%E6%BE%A4%E7%B7%8F%E6%A5%AD%E6%A0%AA%E5%BC%8F%E4%BC%9A%E7%A4%BE-1198637976871584/


イメージ