小澤総業にて、独立・開業・起業希望者に対して徹底してサポートしていきます

充実のサポート内容

   コンクリートポンプ車のリース販売

   燃料に関しては、当社提携カードを発行し、格安にて調達

   当社卸価格にて部品その他必要物を提供

   独立・開業時の運転資金貸し出し

   わずらわしい請求業務に関しては、弊社にて代行

   配車手配なども全て弊社にて代行します

   当社提携税理士、弁護士などとの連携が可能

   OZAWAグループの一員としてあらゆる人脈を活用できる

   独立・開業する場所は全国どこでもOK

独立・開業・起業を希望される皆様からのご連絡を頂き、
その後、面談や審査を経て、独立への一歩を踏み出していただきます。
まずは気軽にご連絡ください!!

小澤総業から独立した、元社員へのインタビュー!

(2018年4月に独立したCさん)

—はじめに、独立しようと考えたきっかけを教えてください。

自分はコンクリートポンプ車のオペレーターの仕事を20年以上経験してきました。コンクリートポンプ車の仕事は、経験を積むほどに技術や知識が磨かれていく点にやりがいを感じていたし、若い頃から独立も視野に入れていました。自分の力を試してみたいと思ってはいたものの、あと一歩が踏み出せず躊躇していたんです。小澤総業の中で社員として働き続ける選択もできましたが、会社から支援していただけると話があり、これを機に夢を叶えさせてもらった形ですね。

—独立にあたって具体的にどのような支援を受けたのですか?

コンクリートポンプ車はとても高価なので、自分一人の力ではどうにもならない部分があって。独立は厳しい夢だと思っていました。 今使用しているコンクリートポンプ車は、小澤総業の支援により購入してもらったものです。費用は事業運営しながら小澤総業に分割で返済しています。この支援体制は、夢を一気に現実へ近づけてくれると思いますね。

車両のこと以外も、慣れない請求業務とか、事務作業も最初は大変です。 開業当初は自分の責任の元、現場をこなすことで精一杯だし。今いまは、そういった事務作業は小澤総業の社内で代行してもらってます。自分では煩雑になりやすい業務なのでめちゃくちゃ心強いです。

(写真はイメージです)

—独立にあたっての不安はありましたか?

自分のコンクリートポンプ車を持てたからと言っても、仕事を頼んでくれるお客様がいるのかどうかは不安でした。でも、そういうところも、小澤総業が社員だった当時の私の働きぶりを評価してくれて、小澤総業からの仕事を発注してくれているので助かっています。その後ろ盾があったことで精神的にも安心して開業することができました。

—小澤総業での経験で、独立後、特に活きたことはどんなことですか?

コンクリートポンプ車の様々な現場を経験することで、自分にはどのような現場が適しているのか見定めることができた点はとてもありがたい経験でした。小澤総業に入る前は、コンクリートポンプ車の現場といえば「大きな現場」「野丁場」というイメージが出来上がっていましたが、小澤総業入社後には個人宅などの「町場」の仕事もたくさん経験させてもらいました。現場の規模も求められるものも違うので、どちらも知っているのは独立しても強みになりますよね。今考えると小回りのきく町場の仕事のほうが個人の独立には適している気がします。

—独立を目指している方へのメッセージをお願いします。

独立すれば、社員として勤めていたときよりも、自分次第で収入や遣り甲斐に大きな可能性が開けてきます。ただ、個人で信頼やリスクを一身に背負うことになるので負担は0じゃない。でも小澤総業からの独立だったら、その一端を小澤総業が担ってくれて、「経営者」の不安に気を取られ過ぎずお客様のことに集中できます。もちろん甘える気でいたら、独立しても先が見えないのは当たり前ですが、独立するつもりの社員の相談に乗ってくれる小澤総業は、コンクリートポンプ車事業で独立したい人にはぜひ経験してもらいたい会社です。 他の社員もインタビューで言ってますが、気さくに話を聞いてくれる会社だし、社長なので気構えないで電話してみて良いと思います。

他の社員への社員インタビューはこちらよりご覧いただけます。